ベビーシッターが無料で使えるって本当?

「双子・三つ子の育児でベビーシッターを利用したい」「上の子(下の子)の行事のときにみてほしい!」「美容院やランチなど、子どもを預けてリフレッシュしたい」とお悩みのご家庭を対象に、
ベビーシッターによる訪問保育の利用理由を問わずに、実質無料で、
保育経験の豊富なベビーシッターがお子さまのサポートをいたします。
東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)を利用すると、
ベビーシッターの交通費のみで訪問保育サービスをご利用することができます。

お子さまが過ごし慣れている自宅での保育のため、場所見知りのお子さまでも安心して過ごせます。
小さいうちから親戚以外の人と触れ合うことで、社会性が育まれ、人見知りしづらくなります。
また、幼稚園や保育園に入園予定のお子さまにとっては入園前の練習にもなります。
「いざというときに頼れる存在がいる」「家族以外に子どもを見守ってくれている存在がいる」ことは、保護者だけではなく、お子さまにとっても心強いサポートです。

東京都ベビーシッター利用支援事業

「東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)」とは?

「東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)」とは、東京都が令和2年度から実施している子育て支援制度で、対象は東京都内の対象地域にお住まいの未就学児がいるご家庭です。
ベビーシッターによる訪問保育サービスの利用料金を東京都が一定額助成してくれ、保護者はベビーシッターの交通費のみ、実質無料で、訪問保育サービスを受けることができます。
保育認定や事前に区への提出書類も必要ないため、手軽に利用することができます。
※入会金、会費、交通費、キャンセル料等は助成対象外
お住まいの地域によって、対象年齢や対象時間、上限利用時間が異なりますので、詳しくは下記をご覧ください。

制度を利用するメリット

通常のベビーシッターによる訪問保育サービスを年間144時間利用すると、310,000円以上かかりますが、東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)を活用すれば、この費用を節約できます!
対象地域にお住まいのお子さまであれば、誰でも利用出来て、どんな理由でも預かってもらえるのが最大の特長です。
集団でお子さまをお預かりする保育施設と異なり、感染症のリスクも少ないため、コロナ禍でも安心してご利用いただくことができます。
ベビーシッターがご自宅までお伺いするので、お子さまの着替え等を持って預け先まで連れて行く必要がありません。
そのため、忙しい朝の時間も余裕をもって過ごすことができます。

こんな時にご利用ください!

  • 双子・三つ子の育児で人手がほしい!ベビーシッターに来てもらいたい。
  • 障がい児を育てていて、療育や通院時に、きょうだい児を預かってほしい。
  • たまには子どもと離れてリフレッシュしたい。
  • コロナで保育園や幼稚園が休園・登園自粛になってしまったので、預かってほしい。
  • 予防接種や健診に同行してほしい。
  • 保育園や幼稚園に通う上の子(下の子)の行事があるときに預けたい。
  • 出産前・産後で外遊びさせてあげられないので、代わりに思い切り遊んでほしい。

※葛飾区は自宅のみの保育となります。

対象地域、条件が拡充されました!

昨年度は荒川区と武蔵野市のみが対象でしたが、今年度から中央区、葛飾区、北区、文京区が追加されました。
また、利用可能日数・時間・対象児童についても、今の上限まで拡充され、より使いやすい子育て制度となりました。

サービス

手厚いサポートで、自分で着替え、トイレも自信をもってできるように

着替え、おむつ交換、トイレサポート、手洗いの補助をおこないます。
保育園、幼稚園に入園予定のお子さまは、入園にむけての自立のサポートをいたします。

たくさん動いて、たくさん触れて、めいっぱい遊ぼう!

天気の良い日は積極的に公園や児童館に出掛けて、身体を動かし、成長を促します。
また、なかなか外遊びに行くことができない保護者の代わりに、保育経験の豊富なベビーシッターが、めいっぱいお子さまと遊びます。

5分に1回の午睡チェック、お子さまのそばで睡眠を見守ります

0歳児あれば5分に1回、1歳以上であれば10分に1回、午睡チェックをおこないます。
睡眠中であってもベビーシッターが必ず傍でお子さまの睡眠を見守ります。

学んでおいしい!食べておいしい!食事のサポート

食具の使い方、食事中のマナー、食に対する興味など、月齢に合わせて、お子さまの食事のサポートをさせていただきます。
※食事はご家庭にて用意をお願いしております。

サービス概要

対象児童

東京とベビーシッター利用支援(一時預かり利用支援)事業を実施する区市町村にお住まいの方のうち、次の(1)または(2)に該当する方で、お住まいの区市町村から、ベビーシッターによる訪問保育サービスの利用が必要であると認められた方

  1. 日常生活上の突発的な事情や社会参加などにより、一時的に保育を必要とする者(保育認定の有無は問わない)
  2. ベビーシッターを活用した共同保育(保護者等とベビーシッターによる保育)を必要とする者

この事業の特長は、実施区市町村にお住まいで対象児童の年齢を満たしていれば、誰でも利用することが可能です。 「東京都や各自治体のホームページを見てもわからない」「私って対象なのかな?」とお悩みのご家庭、障がいのあるお子さまも、お問い合わせフォーム、LINEまたは電話(03-6384-2440)にて、一度弊社にご相談ください。

ご利用料金 2,500円(税込)/1時間
※東京都が、1時間・2,500円まで助成
※交通費、キャンセル料等は助成対象外となります
交通費 ベビーシッターの往復交通費実費(目安は1人 500~1,000円)
入会金 無料
年会費 無料
対応時間 月~日・祝 7:00-22:00 ※年末年始は休み
対象地域 中央区、文京区、北区、荒川区、葛飾区、武蔵野市で実施
(令和3年8月10日現在)
助成内容

東京都が下記の上限までベビーシッターサービスの利用料金を助成
午前7時から午後10時まで:1時間当たり2,500円(税込)が上限
午後10時から午前7時まで:1時間当たり3,500円(税込)が上限
ベビーシッターサービス提供対価のみが補助対象です。(入会金、会費、交通費、キャンセル料、保険料、おむつ代の実費等は対象外です。)
家事援助、兄弟姉妹の送迎、その他の付随サービスは本事業には含まれません。

助成期間 令和3年4月1日から令和4年3月31日までのベビーシッターサービスの利用が対象
保育基準 原則、児童1人に対し、ベビーシッター1人の配置での保育(共同保育の場合を除く。)

~ 簡単5ステップ! eキッズ訪問保育利用の流れ ~

東京都の認定事業者一覧の中から事業者を選び、事業者と直接利用契約を行います。
eキッズ訪問保育では、LINEで登録からご依頼まで対応可能です。
※ご希望の方には、お電話または訪問、オンラインにてご説明可能ですので、ご気軽にご相談ください。

  • Step.1eキッズ訪問保育の公式LINEを友達追加

    LINEでのお問い合わせはこちら

    LINE QRコード
  • Step.2登録・依頼

    ご希望に合わせて、番号を入力します。

    1. 東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり支援)をご希望の方は「1」を入力してください。
    2. AIが自動返信しますので、返事に合わせて必須事項を入力し、返信してください。
    3. 依頼日時を決めます。
    4. 電子契約書を締結し、お客さまシートの入力をします。

  • Step.3当日ベビーシッターがお伺い

    当日ベビーシッターが10分前にご自宅までお伺いいたします。

  • Step.4利用料金の支払い

    直接、事業者(eキッズ訪問保育)へ支払います。
    その際に事業者から『ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)補助事業ベビーシッター要件証明書』の交付を受けてください。
    LINE Payにて支払いが可能です。

    LINE Pay
  • Step.5自治体に補助金の申請

    提出書類を揃え、自治体に補助金を申請します。

中央区

対象児童 0~2歳児まで(満3歳に達する年度の末日まで)
利用時間 月~土7:00~22:00(日祝除く)
利用上限 児童1人当たり月8時間(多胎児は1人当たり月16時間)
補助金申請方法 必要書類を揃えて区に提出します(郵送も可)

交付スケジュール

対象期間 申請期間 市からの支払時期
1期 令和3年4月~6月利用分 令和3年4月1日~7月12日まで 令和3年7月~8月
2期 令和3年4月~9月利用分 令和3年7月13日~10月11日まで 令和3年10月~11月
3期 令和3年4月~12月利用分 令和3年10月12日~令和4年1月14日まで 令和4年2月
4期 令和3年4月~令和4年3月利用分 令和4年4月1月15日~4月15日まで 令和4年5月

文京区

対象児童 満2歳~満6歳になる年度の末日までの児童
利用時間 24時間365日(土日祝・年末年始も対象)
利用上限 児童1人につき年度あたり128時間(多胎児は1人当たり年間256時間)
補助金申請方法 必要書類を揃えて区に提出します(郵送も可)
  • ①文京区ベビーシッター利用料助成金交付申請書兼口座振替依頼書
  • ②助成対象事業者が発行したベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)補助事業ベビーシッター要件証明書(コピー可)
  • ③助成対象事業者が発行した利用明細書(コピー可)
  • ④助成対象事業者が発行した領収書(原本)
  • ⑤勤務先の福利厚生による助成およびクーポン券等による割引を受けたことがわかるもの

交付スケジュール

対象期間 申請期間 市からの支払時期
1期 令和3年8月~9月 令和3年10月1日~10月29日 未定
2期 令和3年10月~12月 令和4年1月30日 未定
3期 令和4年1月~3月 令和4年4月28日 未定

北区

対象児童 未就学児
利用時間 24時間365日(土日祝・年末年始も対象)
利用上限 児童1人当たり年間144時間(多胎児は1人当たり年間288時間)
補助金申請方法 必要書類を揃えて区に提出します(郵送も可)
記入例

交付スケジュール

対象期間 申請期間 区からの支払時期
1期 令和3年4月~6月利用分 令和3年7月31日まで 令和3年8月下旬
2期 令和3年7月~9月利用分 令和3年10月31日まで 令和3年11月下旬
3期 令和3年10月~12月利用分 令和4年1月31日まで 令和4年2月下旬
4期 令和4年1月~3月利用分 令和4年4月31日まで 令和4年5月下旬

荒川区

対象児童 未就学児
利用時間 24時間365日(土日祝・年末年始も対象)
利用上限 児童1人当たり年間144時間(多胎児は1人当たり年間288時間)
補助金申請方法 必要書類を揃えて区に提出します(郵送も可)
  • ①荒川区ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)補助金交付申請書兼請求書
  • ②荒川区ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)補助金実績報告書
  • ③ベビーシッター利用内訳表
  • ④ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)補助事業ベビーシッター要件証明書(事業者が発行)
  • ⑤利用料の請求書及び領収書の写し
  • ⑥【該当者のみ】割引券による支払いや勤務先の福利厚生などの助成を受けたことが分かるもの

交付スケジュール

対象期間 申請期間 区からの支払時期
1期 令和3年4月~6月利用分 令和3年7月15日~7月30日まで 令和3年8月下旬頃
2期 令和3年4月~9月利用分 令和3年10月18日~10月29日まで 令和3年11月下旬頃
3期 令和3年4月~12月利用分 令和3年1月17日~1月31日まで 令和4年2月下旬頃
4期 令和3年4月~令和4年3月利用分 令和3年4月11日~4月28日まで 令和4年5月下旬頃
※年度内申請分を、まとめて4期に申請することも可能です。

葛飾区

対象児童 0~2歳児まで(満3歳に達する年度の末日まで)
利用時間 24時間365日(土日祝・年末年始も対象)
利用上限 児童1人当たり年間144時間(多胎児は1人当たり年間288時間)
補助金申請方法 必要書類を揃えて区に提出します(郵送も可)
  • ①ベビーシッター利用支援事業助成金申請書(一時預かり利用支援)
  • ②ベビーシッター利用内訳書
  • ③領収書(原本)
  • ④ベビーシッター利用支援事業(一時預かり)補助事業ベビーシッター要件証明書』(事業者が発行)
申請期限(令和3年度分) 令和4年4月12日まで

武蔵野市

対象児童 未就学児
利用時間 24時間365日(土日祝・年末年始も対象)
利用上限 児童1人当たり年間144時間(多胎児は1人当たり年間288時間)
補助金申請方法 必要書類を揃えて市に提出します(郵送も可)

交付スケジュール

対象期間 申請期間 市からの支払時期
1期 令和3年4月~6月利用分 令和3年7月30日まで 令和3年8月
2期 令和3年7月~9月利用分 令和3年10月29日まで 令和3年11月
3期 令和3年10月~12月利用分 令和4年1月28日まで 令和4年2月
4期 令和4年1月~3月利用分 令和4年4月28日まで 令和4年5月

サービスのつよみ

前日予約・当日予約手数料0円

急遽サービスの利用が必要になってしまった場合も、eキッズ訪問保育では前日・当日予約OK、予約手数料0円で受け付けています。

11,000円の入会金が無料に!

東京都ベビーシッター利用支援事業をご利用のご家庭は、入会金・年会費が無料で、ベビーシッターによる訪問保育サービスを受けることができます。

質の高い保育サービスで双子・三つ子などの多胎児、障害児家庭に対応

厳しい選考を通過したベビーシッターが、さらなるスキルアップを目指せるよう、研修を充実させています。
社内外の研修では、外部講師や障がい児・多胎児ママによる研修をおこない、保護者のニーズに合った質の高いサービスの提供に努めています。

多胎児家庭に朗報!
サービス利用時間が2倍に!

単体児の年間利用時間が144時間のところ(※中央区は96時間)、多胎児家庭は、お子さま一人あたりのサービス利用時間が2倍の年間288時間に(※中央区は192時間)
ご家庭であわせると、年間576時間もベビーシッターサービスが無料で受けられます。

保護者に安心していただく保育を目指すために

eキッズ訪問保育では、保護者に安心してベビーシッターによる訪問保育サービスをご利用していただくために、ベビーシッターの採用・研修に力をいれています。
保育士、幼稚園教諭、看護師、認可保育施設で半年以上の保育経験、または子育て歴7年以上という、厳しい基準を設け、 さらに非喫煙者の女性のみが、eキッズ訪問保育のベビーシッターとして勤務しています。
また、東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)を担当するベビーシッターは、 【居宅訪問型保育基礎研修】【東京都ガイダンス研修】が義務づけられています。 そのため、eキッズ訪問保育の厳しい選考に加え、東京都が指定する研修を修了し、専門的知識に特化したベビーシッターがご自宅にお伺いいたします。

多胎児(双子・三つ子)家庭や障がい児(障害児)家庭には、双子ママ、障がい児ママのベビーシッターがお伺いし、ピアサポートをおこなうことも可能です。
今後もeキッズ訪問保育のベビーシッターがさらなるスキルアップを目指せるよう、社内・社外の研修を充実させていきます。

ピアサポートとは
「同じような課題や状況に直面している人同士がお互いに支え合う」ことを一般的にピアサポートと呼びます。

社内研修

・就業実務のDVD研修
・保育者としての心構え
・訪問時のマナー
・保護者対応
・軽度障がい児研修
・多胎児/ひとり親家庭支援
・保育所保育指針
・保育計画について
・安全対策、リスクマネジメント研修
・ヒヤリハット

テーマ別研修

・障がい児保育研修
・食と栄養研修
・産前産後研修
・ベビーマッサージ
・遊びと子どもの心理
・救命救急研修 ※年数回

社外研修

・居宅訪問型保育基礎研修
・東京都ガイダンス研修
・東京都保育士等キャリアアップ研修

専門分野別研修

・乳児保育
・幼児保育
・障がい児保育
・食育・アレルギー対応
・保健衛生・安全対策
・保護者支援・子育て支援
・マネージメント研修
・保育実践研修

ご利用者さまの声

双子+兄弟(幼児)にも合わせた対応

はじめは、本当に双子と兄弟(幼児)の保育をお願いできるのか不安でした。当日、ベビーシッターさんの感じもとても良く、安心しました。双子だけでなく、兄弟(幼児)にも合わせて対応していただいたので、とても助かりました。上の子が別れ際に『バイバイしたくない!』と泣いてしまい、その姿をみて本当に良い時間を過ごせて、良いシッターさんに巡り会わせてもらって良かったなぁと感激しました。

子どもと離れて気が付いた思い

子どもを見ず知らずの人に預けることがとても不安で、訪問保育サービスを利用したことありませんでした。当日、ベビーシッターさんにお会いしてから、子どもへの接し方やそのほか衛生面、感染対策なども行き届いており、安心して預けることができました。帰宅後、子ども二人がいつにもましてかわいく思え、ありがたい貴重な時間となりました。

子どもの気持ちに寄り添ったシッティング

訪問保育サービスの利用は2社目でした。子どもたちとの相性はもちろん、わたしとの相性が合うのか少しドキドキしていました。当日、「スプーンの練習中です」とベビーシッターさんにお伝えしたら丁寧にサポートしてくれ、さらに「右手より左手のほうがいいかな?」と子どもたちの気持ちを探りながら、尊重してくださっていて、とてもうれしかったです。

さすが保育のプロのなせる業…

子どもたちが、自宅で母親がいないことにパニックにならないか心配していましたが、早々にベビーシッターさんに心開いてたくさん遊んで、いつもよりご飯も食べて、お昼寝もして、「さすがプロだわ…」と驚きました。育児の相談にもたくさんのっていただき、とってもぜいたくな3時間でした!

スタッフ

松島萌衣資格:保育士

松島萌衣

居宅訪問型保育事業の保育者として2年保育経験あり、子どもの「楽しい」「おもしろさ」にとことん付き合い刺激を取り入れています。
1人の子どもにたくさんの愛情を注いで様々な経験を一緒にしていきたいです。

川﨑香澄資格:保育士

川﨑香澄

保育園にて10数年勤務していました。
子どもの興味が広がって遊びになって、心が動く瞬間を大切にしています。
いつでも子ども目線で大人が好む遊びをするのではなく、子どもがしたい遊びができるように心がけています。

T.K子育て経験7年以上

T.K

放課後デイサービスにて勤務経験があります。また、自身の子育て経験を活かして、現在も訪問保育事業に携わっています。子どものみずみずしい感性になるべく近寄って、保育をおこなうようにしています。

よくある質問

申し込みについて

申し込みの方法を教えてください。

申し込みの前に説明をきくことはできますか?

eキッズ訪問保育サービスについて

生後何日から利用できますか?

1時間でも利用できますか?

どんなことを依頼できますか?

子どもの昼食やおやつはあげてもらえますか?

通院や健診に同行してもらうことは可能ですか?

当日、ベビーシッターは何分前に来ていただけますか?

自治体の上限時間を超えて利用することはできますか?

ベビーモニターを設置しても良いでしょうか?

申し込みの方法を教えてください。

ベビーシッターについて

eキッズ訪問保育のベビーシッターは女性のみですか?

eキッズ訪問保育では、どんなベビーシッターが登録していますか?

ベビーシッターの年齢は、何歳ぐらいでしょうか?

ベビーシッターの指名はできますか?

ベビーシッターの交通費はいくらぐらいですか?

ベビーシッターの食事は用意したほうが良いでしょうか?

予約について

当日依頼することはできますか?

当日、急遽延長することはできますか?

当日の時間変更は可能ですか?

キャンセル料は発生しますか?

前日・当日にベビーシッターの体調不良等によりベビーシッターが交代した場合、キャンセルすることはできますか?

訪問保育加入保険について

どのような保険に加入していますか?