発達障がいと診断された息子。主人がきちんと向き合おうとしません。

公開日

相談者
マカナマナ
お住まい
千葉県  松戸市
相談カテゴリー
発育・発達

相談内容

発達障がいと診断された息子。主人がきちんと向き合おうとしません。

3歳の息子が発達障がいと診断されましたが、主人が納得しておらずきちんと向き合おうとしません。療育に通う意味も理解していないので、自分1人で息子の世話をすることがしんどくなってきています。

回答

回答者
ぴよこ先生

よく今までがんばってこられましたね。
私にも発達障がいのある子どもがいるので、診断を受けた時は何ヶ月も1人で泣きました。
女の人、特に日本人はこういう時自分ばかりを責めてしまうのですが、まずは「障がいは親のせいではない」ということをわかってくださいね。

私の夫も初めはまったく理解してくれず、「僕の子どもの頃もこんな感じだったよ」という認識でした。ママは子どもと一緒に過ごす時間が長いので「こういう部分が障がいなんだな」と納得するのですが、男の人は日中は仕事に行っていて少しずつしか子どもを見ることができないので、気が付かないんですね。
だからこそ、これからの育児に対して、悩んでいるということをはっきり伝えて、だから療育や支援学校に行く必要があるのだと説明した方が良いと思います。

保育園に通われている子であれば、運動会や保育参観などのイベントの際に、ご主人にも来てもらって、気づかせるのも一つの方法だと思います。通っていない場合だと、イベント参加が難しいと思うので、ご主人に「私としてはここまでやっているから、一度はあなたもここまでやってみて」と、何でも話してみてください。ママの悩みやしんどさも含めて包み隠さず伝えましょう。1人で抱え込む必要はないですよ。

あとは、相性の合う療育先に巡り合うことも大きな要素ですね。私がお世話になっている療育先は送迎もやってくれるところなので、夫にもその送迎の場面を見てもらうことを心がけています。日頃、見慣れていないわが子の外での様子や他人の子どもをみることによって、夫が子どもの状態を把握することができるようになりましたよ。

ご主人と話し合いながら、しっかりした方針で取り組んでくれる療育先に出会い、マカナマナさんの気持ちが明るい方向へ向くよう、心から願っています。

応援コメント

この記事へのコメントはありません。

必須

実名を入力された場合は、イニシャル等に変えさせていただく場合があります。

必須

メールアドレスは公開されません。

コメント

コメントを投稿した場合は、個人情報規約に同意したものとみなします。

ジャンルから、解決のヒントを探そう。