プレ幼稚園に興味があるのですが…

公開日

相談者
金曜日はウキウキ
お住まい
埼玉県  入間市
相談カテゴリー
保育・保活

相談内容

プレ幼稚園に興味があるのですが…

2歳の息子がいる専業主婦です。プレ幼稚園に興味があり子どもを通わせたいと考えています。調べてみると「プレ保育」や「プレスクール」、「未就園児クラス」など呼び方だけでも色々あり、よくわからなくなりました。プレ幼稚園とはどういうもので、通うメリットはどんなものですか?

回答

回答者
エミリ先生

私自身、専業主婦として息子を幼稚園に預けていた経験がありますが、その当時はプレ幼稚園という制度がなかったのであまり悩みませんでしたね。しかし近年は、保育サービスも多様化してきて情報量が多い上に、ママ友や親せきからの情報で「プレ幼稚園」や「プレ保育」などという言葉を聞き、よくわからなくて混乱してしまう育ママも多いと思います。

名称に関しては、「プレ幼稚園」、「プレ保育」、「未就園児クラス」など色々ありますがほぼ同じ意味を言っています。ここでは「プレ幼稚園」で統一しますね。
プレ幼稚園とは入園前の親子を対象とした体験的な取り組みのことを指します。幼稚園が、近隣の家庭への子育て支援の一環や入園前に園の様子をよりよく知ってもらうため行っています。
育ママ目線だと、入園前に園の雰囲気を知りたい、子どもを早く新しい環境に慣れさせてあげたいという想いがあるわけですね。

そもそも幼稚園には「2年保育」と「3年保育」があり、一般的にプレ幼稚園は本入園の1年前から始まります。2年保育の場合、4歳になる年度の4月、3年保育であれば3歳になる年度の4月にスタートするといった感じです。

次にプレ幼稚園に通うメリットとしては、
➀子どももママも入園前の準備ができる
見学や説明会だけではわからない保育内容や先生たちの雰囲気がわかるので、ママとしては安心できますね。
子どもにとって今まで接する相手が家族だけだったのが、よりたくさんの人と関わり集団生活を経験することで、生活習慣が整い社会性を育てることができます。
➁家庭ではできない経験ができる
家庭では体験できないイベントなどに参加することで子どもの新しい刺激になります。幼稚園は保育園と違い遊びより学習面を重視するので、たとえばハサミの使い方など保育園ではあまりやらないことを教えてもらえたりします。
➂ママ友がつくれて、息抜きができる
家庭での保育は、毎日のことなので育ママにとっては何かと負担も多いです。
子どもが幼稚園で過ごす少しの間でもリフレッシュができますし、プレ幼稚園をきっかけにママ友の輪を広げれば子育てについて良い相談相手になってくれるかもしれません。

デメリットとしては、
➀費用がかかる
入園料に関しては大半が無料ですが、私立の有名幼稚園では30,000円などというところもあり、毎月の保育料が発生する幼稚園もありますので家計の負担にならないよう、よく検討する必要があります。
➁期間、頻度が園によって違う
園によってプレ幼稚園の頻度は月1回程度だったり、平日の毎日通園だったり、半日か1日保育か、お弁当が必要かなどもそれぞれ違います。また、基本的に冬休み、夏休みなど幼稚園が休みの時には行いませんので、園によく確認しておきましょう。
➂送迎サービスが受けられない園が多い
プレ幼稚園の場合、本入園ではないため送迎バスの用意がないところが多く保護者が送り迎えを行わなければいけません。もちろん送迎ありの幼稚園もありますが、ない場合は交通手段や交通費に関して、事前のチェックが必要です。

近年、人気が高まっているプレ幼稚園。上記のメリット、デメリットを踏まえた上でご家庭の教育方針に合うところが見つかるかどうか、まずは情報収集してみてください。
一番大切なのは子どもがその園に行くのが楽しいと思っているかどうかですので、金曜日はウキウキさんと息子さんが良い幼稚園に巡り合えることを願っています!

応援コメント

この記事へのコメントはありません。

必須

実名を入力された場合は、イニシャル等に変えさせていただく場合があります。

必須

メールアドレスは公開されません。

コメント

コメントを投稿した場合は、個人情報規約に同意したものとみなします。

ジャンルから、解決のヒントを探そう。