2歳になる息子…。イヤイヤ期絶頂で、疲れてきてしまいました…。

公開日

相談者
3時のおやつ
お住まい
東京都  荒川区
相談カテゴリー
しつけ

相談内容

2歳になる息子…。イヤイヤ期絶頂で、疲れてきてしまいました…。

2歳になる息子がいます。イヤイヤ期でご飯を食べるのもイヤ、お風呂に入るのもイヤ、着替えるのもイヤ、何をするのもイヤといいます。はじめはあれやこれやと手を打ちましたが、毎日イヤイヤで疲れてきました。どのようにしたらいいのでしょうか。

回答

回答者
シェリー先生

ごはんがイヤでも、お腹がすいたら食べるので、3時のおやつさんもゆったり構えてくださいね。

私のおすすめとしては、子どもはモノでもなんでも擬人化すると結構乗ってきてくれるので、「ピーマンさんがお口に入りたいって言ってるよ、ハイお口開けて~」みたいにすると意外と口を開けてくれます。この前シッティングした2歳児の男の子は数字を2歳で1~10まで書けるのですが、それを公園で書いていて「数字さんと一緒におうちに帰ろう!」と言ったら自分で数字さんを連れて帰ってきたつもりでいました。私が帰宅した後、ママが「お風呂に入ろう?」と言うと「数字さん来てる?」と聞かれたらしく、「来てるよ!一緒にお風呂に入ろう!と言ったらすんなりお風呂に入ってくれました!」と後日教えていただきました。モノを人間や動物みたいに例えると子どもたちも楽しくなり、その気になってくれるので、その時に行動を促してみるのはどうでしょうか。

あとは、2歳くらいならある程度大人の話もわかると思うんです。だからウワーっと泣いているときは、とりあえず落ち着かせて泣き止ませてみてから何がイヤだったのか、これからどうしたいか本人の主張をとりあえず聞いてみます。話しているうちに本人もだんだん落ち着いてきたり気持ちが変わったりするので、大人が妥協できるところや折衷案はどこか?を話し合いでなるべく決められたらいいのではないでしょうか。「服がイヤ」とか「ここに行くのがイヤ」だとか物事に対するイヤだったら、「違う服はいかがでしょうか?」とか「こっちの道から行くのはいかがですか?」とか大人が臨機応変に対応して、「多少遠回りして帰ってもいいか」というママの心の余裕があれば、多分、子どもも「いつもと違う道から帰ってうれしいな」となると思います。

でも、時には時間がなかったりで無理に子どもを小脇に抱えて連れていってしまう場面があると思います。でもそれは別に悪いことじゃないと思いますよ。落ち込んだりするかもしれないですが、3時のおやつさんはこの世に一人しかいませんし、何より人一人で一度にできることはどうしても限られてしまいますので、「今回は仕方ない!」というように、あまり深刻に抱え込まないでくださいね!

応援コメント

この記事へのコメントはありません。

必須

実名を入力された場合は、イニシャル等に変えさせていただく場合があります。

必須

メールアドレスは公開されません。

コメント

コメントを投稿した場合は、個人情報規約に同意したものとみなします。

ジャンルから、解決のヒントを探そう。